トピックス 品質工学

意味不明の場合は数値を入れて図にしてみる

投稿日:

 昨日のブログで「Sβ」が出てきました。STデータ自体の平方和、、Se誤差の平方和なのでイメージ付きやすいのですが、Sβ傾きの変動の平方和って何? と思いませんか? そこで、Excelを使っていろいろ試行錯誤してみました。次の資料をご覧ください。

資料はこちら → 変動

信号M1、M2そしてM3が1、2そして3の時、y1、y2そしてy3がA~C列の4行~9行のように変化させた時の、Sβ、Se、Sβ+S、β、βを算出してみました。信号に対してをプロットしたものが、左下の図です。 この直線の傾きをβとします。真中の図は、ββをプロットしたものです。直線になるかなと思ったのですが、βが小さい部分では曲線になっていますね。 =Sβ+Sですが、本当にそうなのか、横軸、縦軸にβ+Sにしてプロットしてみました。ほぼ直線関係になっていますね。まだβのイメージはつかみきれていませんが、βがある程度大きいとβに相関し、=Sβ+Sも成り立つようです。βが小さい部分では誤差変動が影響するのでしょうか?

とにかく、意味がわからない場合は、実際に値を入れてみることをお勧めします。

本日からWeb環境が悪い場所で研修に入りましたので、ブログの投稿が滞ることがあるかもしれません。ご容赦ください。

 

-トピックス, 品質工学

Copyright© 進化するガラクタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.