トピックス 絵画、彫刻 芸術

江戸のダヴィンチ

投稿日:

富士山を描いた画家は非常にたくさん居られます。資料をご覧ください。

資料はこちら → 司馬江漢

p.1 富士山を描いた画家はたくさんいますので、三保の松原付近から描いた絵を探してみました。雪舟も描いていました。歌川広重狩野元信も描いています。

p.2 司馬江漢という画家・蘭学者?をご存じですか? 江戸のダヴィンチと言われている方です。江漢が描いた富士山は、数々あるのですが、一つ一つが別の作家が描いたように見えませんか? 日本画風に描いたかと思うと、ある時は油絵にしたり、構図も西洋画風を取り入れたりしているのです。

p.3 司馬江漢はこれ以外にも、平賀源内等と交流があったようなので、右上の地動説の説明や世界地図を描いたりもしています。真中の2枚は浮世絵です。左下は銅版画です。 浮世絵は木版画なので、当時の先進の技術も取り入れています。 ダヴィンチのように種々のことに好奇心を持って接していた人物が江戸時代にも存在していたようです。

コロナ禍で出かけられなくても、Webサーフィンで、いろいろな情報を得ることができます。ご自分の興味のある分野以外にも広げてみてください。

 

-トピックス, 絵画、彫刻, 芸術

Copyright© 進化するガラクタ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.