トピックス 健康・医学 料理

ご飯の底力

投稿日:

本日地域の防災訓練がありご飯の炊き出しを手伝いました。米が既に研いであり水が入っていたので、炊き出しました。 今回、少し煮汁が噴出したと思ったら、直ぐ消えたので変だなと思っていたところ、芯があり、しかも底の方は焦げていました。失敗作ですね。 今回一升と米の量が多く、私も経験がなかったので様子を伺い、周囲の方に任せていて、水の量を自分で確認しておかなかったのが敗因と思われます。 上述の勘は正しかった。 正常であれば、もっと大量に噴出してくるはずでした。

直火で炊いたので、釜底がススだらけ。ボーイスカウトで実施したクレンザーを底に予め塗っておけば、後始末も簡単になったのに、と今回は反省点がたくさん。 経験したことも活かさないと今回のような失敗に繋がってしまいますね。反省、反省・・

ミシュランガイドに日本の「おにぎり店」が掲載されたというニュースを報道していました。また、日本の「おにぎり(おむすび)」が海外でも流行ってきているそうです。ご飯はどんな食材とも相性が良く、その国の嗜好に合わせると非常に多くの組み合わせが可能になります。マンゴソース味とか、アボガド味などいろいろ売り出されているそうです。今朝の「健康カプセル 元気の時間」では、「海苔」が幾つもの効能があると説明していました。 おにぎりと海苔は切っても切れない仲なので、今後も日本人の食文化はグローバル化していきそうです。

浅草の宿六 → https://www.cinra.net/interview/201711-yadoroku 人気が出てしまったので混んでいると思いますが。

 

-トピックス, 健康・医学, 料理

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.