IoT, AI,機械学習 トピックス

Jupyterのベーススクリプトでした

投稿日:

本日はJupyterの拡張機能である「ipyleaflet」の説明です。地図に手を加えたり、スライダー、ドロップダウン作成等に有効なツールです。本日で、「データ分析ツール Jupyter入門」(著者:掌田 津耶乃 発行所:秀和システム)の最終章を除き391/全438ページを読破したことになります。Jupyter Notebookを用いてpythonでスクリプトを作成するベースは一通り盛り込まれていたと思います。 他の方が作成されたスクリプトを修正して使いたい場合にも、役立つと思います。 実際に使ってみるとpythonはスクリプトが数行でも種々のことができることがわかってもらえたかなと思います。

資料はこちら → ipyleaflet

p.1 WindowsPowershell あるいはコマンドプロンプトを用いて、「pip install ipyleaflet」でインストールしてください。② jupyter notebookを起動して、スクリプトを入力して実行ください。地図の中心の北緯・東経を入力すると東京の地図が描かれます。左上の+・-をクリックすると拡大・縮小できます。また、マウスをドラッグすると表示位置を変えることができます。

p.2 Google Mapなどで出てくるマーカーを地図内に書き込むスクリプトが左のものです。Map+=[Maker]が地図にマーカーを入れるスクリプトです。今回は、中心から左に3つ右に4つのマーカーを入れ込んでいます。「MarkerCluster」を用いると、縮小の際にマーカーが重ならないように省いてくれます。

p.3 地図に直線四角形を書き込むことができます。左図は指定地点から一定の半径線の太さを変えて直線を描いています。右図は、画像を地図内に挿入したものです。boundsで領域を指定してください。

p.4 地図に直接描画するためのスクリプトです。線描画のアイコンをクリックして、星を描いてみました。また、マーカーを星の中心付近に置いてみました。

p.5 地図の下にスライダーを設け、図形や輪郭の透明性を変化させることができます。weightが図形内opacityが輪郭です。

p.6 マウスポインタのクリックした位置にマーカー表示するスクリプトです。kwargs[‘type’]==‘click’クリックする状態を定義して、マウスポインタの位置kwargs['coordinates']に代入します。

p.7 地図上のマウスポインタ位置の経度・緯度表示するためのスクリプトです。kwargs['type']=='mousemove’マウスの状態を定義し、マウスポインタの位置kwargs['coordinates']に代入します。p.6と異なるのは、マウスはクリックせず動いている状態です。

p.8 「ipywidgets」の使い方です。ラベル、スライダー、ボタンなどを作成する際に使います。左下は、f(x)=2xという関数を定義して、スライダーを0~100変化させた際の関数の答えを表示するスクリプトです。Interact(関数、因数の指定)でスライダーが表示されます。 簡単ですね。右は、IntTextを用いて関数f(x)=xー3xのxに、▲▼をクリックして選び、clickをクリックすると、計算結果がresult:10と表示するスクリプトです。「Button.on_click」はボタンをクリックすると、xの値を関数に入れて計算結果をLabelで表示します。

p.9 真偽の値(ON/OFF)を扱うスクリプトは「Checkbox」と「ToggleButton」があります。Ckeckの□にレ点を入れるとcheck:True、toggle:Falseと表示され、Toggleボタンをクリックするとcheck:True、toggle: Trueと表示が変わります。「.observe(on_change)」により、次に進みます。

p.10 複数項目から選択するには、①「RadioButtons」②「Dropdown」の方法があります。Optionsの中に選択語句を入れておきます。この場合も、「.observe(on_change)」の後、表示が変わります。

p.11 Accordion」や「Tab」を用いるとグループに分けてボタンを表示できます。スクリプトはほとんど同じで、「Accordion」や「Tab」を置き換えるだけでできてしまいます。

インターラクティブ(双方向、対話型)に語句を選択する際に、スライダー、ドロップダウン、ラジオボタンを表示するには、「ipyleaflet」は簡単に実現できるライブラリーです。スクリプトの骨組みは同じで、スライダー、ドロップダウン、ラジオボタンの語句を置き換えるだけで済みます。

今回使用したスクリプトは → ipyleaflet(スクリプト)

-IoT, AI,機械学習, トピックス

Copyright© 進化するガラクタ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.