トピックス 生物

華麗な歩き方?

投稿日:

現在「シートン」(著者:今泉吉晴 発行所:福音館書店)を読んでいます。ナチュラリスト、動物学者、画家、教育者などの肩書をもつシートンの伝記的な本です。シートンは「ウッドクラフト」という言葉を使います。直訳すると、「木工芸」となりますが、シートンは「森のくらしの技と知恵」という意味で使用しています。このウッドクラフトが現在のボーイスカウトの技能と知識にたくさん使われているのです。 シートンは動物をよく観察していて、例えば、猫と犬の歩き方が、足跡のトレースからわかると言っています。以前のブログ「足跡から想像してみよう」で説明した「アニマルトラッキング」の先駆者でした。 次の資料ご覧ください。

資料 → アニマルトラッキング2

左上がです。一直線に近いですね。キツネと似ています。はどうでしょうか? 右上のように、かなり乱れた歩き方です。右下のイラストのキツネのように、猫もすまして歩いているのでしょう。モデルが歩くような感じでしょうか? 獲物に忍び足で近づくため前足が踏んだ場所に後ろ足を置くようにしているそうです。次の動画見てください。確かに、前足の跡を後足が踏んでいます。

猫の歩き(スローモーション)動画 → https://www.youtube.com/watch?v=DaYXX-68jSM

 

-トピックス, 生物

Copyright© 進化するガラクタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.