トピックス 信条 遊び

シンプルなおもちゃが頭を鍛える

投稿日:

頭はいじめると想像力がつく」そうです。五感と結び付けて物事を理解してきた知識を有機的に結び付けた体系発想を豊かにします。 頭をいじめた結果、多くの疑問が腑に落ちてくるようです。

孫が、傾斜したトイの溝に沿ってビー玉が転げ落ちていくおもちゃで遊んでいます。 トイの端には穴が開いていて下に落下して下のトイの溝に沿って転げ落ちていきます。 ビー玉の大きさが種々あり、大きいものは穴を通過できずに止まってしまいます。後ろから転げ落ちてきたビー玉はそこで渋滞状態で止まってしまいます。 研修と同じように答えは教えないようにしています。 上述の「頭をいじめる」状態にしています。そのうちに、邪魔な大きなビー玉を取り除くことに気が付きます。渋滞していたビー玉が転がり始めます。 ところが、また大きなビー玉を転がして止まらせてしまいます。 何度も何度も繰り返します。でも、そのままにしておきます。 人間はそうやっていろいろなことを学んでいくのでしょうね。 最近のおもちゃは音や光が出て、自動的に動くものが増えてきました。子供は、最初興味を持って遊んでいるとおもいますが、そのうちに飽きてしまいます。 子供にすれば受け身なおもちゃで、頭をいじめていないのです。 私は、できるだけシンプルなおもちゃが子供には適していると思います。将棋の藤井聡太さんも小さい頃木の積み木でよく遊んでいたそうですが、このようなおもちゃは失敗成功を体験できますし、いろいろな形を創造することもできます。 同じことを繰り返しする時にも、何かを学んでいるのです。

-トピックス, 信条, 遊び

Copyright© 進化するガラクタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.