お薦めの本 トピックス 数学 物理 科学・技術・数学

複雑なものから欲しいものを取り出す手法

投稿日:

今朝、富士山が綺麗に見えています。5合目まで雪が積もっています。肌寒い朝です。 昨日は、資料を作成するのに手間どり、投稿できず申し訳ありません。三角関数の波色づけするのに時間がかかってしまいました。なので、昨日のブログはお休みにします。

いろいろな周波数の波を合成する「フーリエ級数」の話を以前しました。今回はそのです。例えば、野菜ジュースに含まれている成分を解析する手法になります。トマト、ニンジン、セロリがどのぐらいの分量で入っているかを調べる方法です。音の解析の場合は、周波数アナライザーの原理になります。式は難しそうですが、絵を描いてみれば非常に理解し易いです。「フーリエ展開」と言います。

資料をご覧ください。イメージし易いものにするのに苦労しました。 → フーリエ展開

p.1 周期T繰り返される複雑な波は、分解することができます

p.2 複雑な波は、sin波でもcos波でもない一定値周波数振幅が異なるsin波cos波に分解できます。分解のカギは「①プラス・マイナス」と「②面積」です。

p.3 周期Tの区間で面積を求めてみましょう。振幅一定値A0のものの面積A0×Tです。それ以外の波、例えばB1sinωtは、プラス・マイナスでキャンセルされて面積はゼロです。A1cosωtもプラス・マイナスがキャンセルされてゼロになります。同様に、sin波及びcos波どの周波数の波も周期T区間での面積はゼロになります。

p.4 以上のことより、合成波の周期Tの区間で面積を求めるとA0Tとなります。これにより、A0複雑な波f(t)周期Tでの面積を算出して周期T除して求めます。

p.5 A1cosωtcosωtを掛けると右図のような波となります。マイナスがなくなりプラスの波になります。

p.6、7  A1cosωt以外はcosωtを掛けると、周期Tの範囲では全てゼロとなります。

p.8 cosωtを掛けて唯一残ったA1cosωt×cosωt周期T面積は、周期Tの半分2分のT横軸縦軸A1四角形の面積となります。A1を算出するためには複雑な波f(t)cosωtを掛けて周期Tでの面積を算出後、2分のT除して得ます。

p.9 cosωt係数Anを算出するためにはcosωt複雑な波の式f(t)にかけて区間T積分後、2分のTで除して得ます。sinωtの係数Bnを算出するためにはsinωt複雑な波の式f(t)にかけて区間Tで積分後、2分のTで除して得ます。 定数項A0は、周期Tでf(t)を積分後、周期Tで除して得ます。 式は難しそうな形をしていますが、これが複雑な波の式f(t)を分解するフーリエ展開」の原理です。 「フーリエの冒険」では、「A0フィルター」とか「Anフィルター」という表現をしています。フィルター欲しいものだけを得るという意味ですが、電子機器周波数フィルターという意味も含まれているのでしょう。

いかがでしたか? 以前「直交表」のところで「直交」の話をしましたが、「フーリエ展開」では自分以外の波を掛けると面積がゼロになる「直交」を上手く使っているのです。次回は「離散フーリエ展開」といって、実際の合成波を分解することを解説します。403ページの「フーリエの冒険」の112ページまで終わりました。では、また次回。

-お薦めの本, トピックス, 数学, 物理, 科学・技術・数学

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.