トピックス 音楽

中低音が音楽を支える

投稿日:

本日、今年5回開催予定のうち3つ目の研修が終了して、ほっとしています。 今月は2日間祭日があったため、スケジュールに余裕がなく慌ただしかったです。昨日から今日の朝方まで、報告書の添削をしていたいたので、ブログを眠りながら作成しています。誤字脱字お許しください。投稿が明日になるかもしれません。

本日も音楽の話題です。以前、チャイコフスキー作曲の「1812年」に大砲を使う話をしましたが、指揮者のこだわりで通常使われない珍しい楽器を曲の中で使うことがあります。本日紹介するのは、「Serpent(セルパン) 」と 「Ophicleide(オフィクレイド) 」という楽器です。

この2つの楽器が同時に使われているのが、ベルリオーズ作曲の「幻想交響曲」です。 こちら → https://www.youtube.com/watch?v=IrHJTvMfXvw

通常、交響曲というと4楽章ですがこの曲は5楽章まであります。その5楽章セルパンオフィクレイドという珍しい2つの楽器を用いているのが上述の動画です。最近は、この2つの楽器の進化した大音量のチューバで演奏することが多くなっていますが、指揮者によってはこだわる方もいらっしゃいます。貴重な動画です。

因みに単独の音の動画です。先ずはセルパン → https://www.youtube.com/watch?v=LE93PqbuRvM&feature=player_embedded

大蛇のような形をしていますが、「Serpent」は「」を意味します。

日本人の演奏家もいます。 → https://www.youtube.com/watch?v=xlww5wSbjj4&t=39s

若い方が「枯葉」を演奏している動画もありました。 → https://www.youtube.com/watch?v=5elDMBWmHgM

オフィクレイドの動画はこちら → https://www.youtube.com/watch?v=XUS-NJ8nSnI

柔らかいいい音ですね。この楽器、進化して現在の「ユーフォニウムまたはユーフォニアム」という楽器になったそうです。この楽器、吹奏楽では重要な中低音を受け持っています。

例えば、「星に願いを」こんな柔らかい音です。 → https://www.youtube.com/watch?v=tX2-xo9OxUc&list=PLTV9719VefRAXMNQDLb9ypwKrcjhvCSsp

響け! ユーフォニアム」というアニメにもなりましたので、ご存知の方もいらっしゃると思います。 → https://www.youtube.com/watch?v=foyANBlaEng

このような中低音の楽器がハーモニーを厚くしています。重要な楽器です。

-トピックス, 音楽

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.