トピックス 音楽

本物の大砲の音が出てくる曲

投稿日:

チャイコフスキー作曲の「1812年」という曲をご存知ですか? 本日、オーケストラで「1812年」を演奏しました。ナポレオンがロシアに攻め込んだものの、冬の時期になり敗走する話をチャイコフスキーが曲にしました。

ストーリーに沿って、ロシア正教の讃美歌、フランス国家「ラ・マルセイエーズ」「ロシア国家」などが出てきますが、極めつけはフランス軍を倒した大砲の音がします。通常はバスドラム(大太鼓)で演奏しますが、実物の大砲を使うこともあります。 本日のコンサートでは、「西郷どん」で使用した?大砲を借用したようです。 私の右後方にあり、演奏中でしていたので、どんな状況かはわからないのですが、大砲の音響と共に白煙がでてきたそうです。 見たかったですね。残念。 司会者は、「今年のサッカーのワールドカップモスクワ大会は、この曲とは反対にロシアにフランスが勝ちました」と説明していました。

ストーリーの沿って現れる曲の解説音源はこちら。よくまとまっています。 → http://h-chateau.com/1812_kaisetsu/

我らが小澤征爾氏の若い時の演奏です。 → https://www.youtube.com/watch?v=y9zYbwDqZUs

実際に「大砲」が音を出しているのはこちら。8:40秒頃出てきます。 → https://www.youtube.com/watch?v=PpGUGK4FS5A

今日のブログは、1日中ゲネプロ(本番前のリハーサル)と本番で疲れましたので、手を抜きます。

-トピックス, 音楽

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.