トピックス 芸術 音楽

本物より本物らしく

投稿日:

映画に出てくる効果音は、最近シンセサイザーで作られますが、依然として「フォーリー・アーチスト」という効果音を作り出す専門家がいるようです。どのように作り出しているか動画をご覧ください。 → https://www.youtube.com/watch?v=UNvKhe2npMM

この効果音作りはほとんど実写に近いことをやっています。後片付けが大変そうです。 → https://www.youtube.com/watch?v=3J2nGyg9O9s

日本人の小山吾郎さんは「ブレードランナー2049」の効果音を担当したそうです。 → https://www.youtube.com/watch?v=zmb6cRq0-OI&t=135s

日本人が劇や映画で効果を出すための道具をいろいろ考案しました。 → https://www.youtube.com/watch?v=JpNyTqE_ZT0

フォーリーは、生の音や電子音とは違い、本物の音より誇張されているので本物らしく臨場感ありますね。 一方、日本古来からある「擬音」は風情がありますね。 このような技術は残しておきたいものです。

-トピックス, 芸術, 音楽

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.