お薦めの本 トピックス ペーパークラフト 遊び 錯視、錯覚

ペーパークラフトは作って楽しく、家族や友達もハッピー!!

更新日:

 今日は、紙で作るグッズです。山のようにたくさんあるので、少しずつ紹介しますね。先ずは、子供だけでなく大人も楽しめる紙のからくりです。本は「カミカラ」シリーズで何冊か出ています。例えば「紙のからくりカミカラ―びっくりかわいいペーパークラフト」(著者:中村開己 発行:インフォレスト株式会社)。この本には型紙が付録されていて、作製した「からくり」の動きはYouTubeをご覧ください。クリックしてください→ https://www.youtube.com/watch?v=w8v-AT08d1o 2番目は、たまご→ひよこ→にわとり→たまご→ひよこ→‥‥‥と開き続けるカードです。 他のバージョンもあります。 作り方は → http://e38.blog98.fc2.com/blog-category-7.html 3番目は「不思議な球体ポップアップカード」(著者:月本せいじ 発行:株式会社グラフィック)です。 クリスマスカードなど封筒に入れて送ると喜ばれると思います。 著者本人のtwitterは→https://twitter.com/TsukimotoSeiji 

 4番目は、cannonのペーパークラフトが沢山掲載されているサイトを紹介します。作るのが好きな方は、→http://cp.c-ij.com/jp/categories/CAT-ST01-0071/top.html 車のペーパークラフトのサイトは→http://www.nissan.co.jp/EVENT/PAPERCRAFT/  無料のページは→https://paperm.jp/craft/ などがあります。

 次は、錯覚を利用したグッズです。1番目は、ルービックキューブ、ビニールテープおよび靴が机の上に置いてあるように見えるのですが、実は写真なのです。動画をご覧ください→ https://gigazine.net/news/20121203-amazing-anamorphic-illusions/ もし同じものを作ってみたい方はこのページの下にある写真をクリックするとダウンロード可能です。 写真用の用紙に印刷すれば作れます。 2番目は、顔が振り向くドラゴンです。片目で凹んでいるドラゴンの顔が凸になるように見えると、ドラゴンの顔が大きく揺れます。→ https://www.youtube.com/watch?v=ax4yS9JIeJQ 作り方は→https://www.youtube.com/watch?v=E2JJYDKnl3M 型紙は、次のサイトの下の方にプリントアウトできる型紙がありますので、試してみてください。→ http://sago.livedoor.biz/archives/51180274.html  私は以前仕事が大変な時、机の上に置いておき、眺めては癒されました。 このドラゴンと同じ原理で浮かんで見える立方体の型紙があります。次のサイトhttps://peterdahmen.de/en/2010/07/29/magic-floating-cube/#Illusion にアクセスして動画を見て、その下にあるMagic_Cube_Tutorial (PDF, 463 KB)をクリックすると型紙をダウンロード可能です。組立てた後、手のひらに載せてドラゴンと同様に、片目で凹んでいる部分が凸に見えれば、ちょっとした手の動きに合わせて、立方体が大きく揺れます。私は、この立方体の面に「LOOK」「LISTEN」そして「ENJOY」と書いた自作のものを作製して、新入社員研修時に若者たちへのメッセージとして渡しています。なぜ、この3つの言葉にしたかは、次のブログでお話します。

-お薦めの本, トピックス, ペーパークラフト, 遊び, 錯視、錯覚

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.