トピックス プログラム、シミュレーション

ベースを作れば後で使える

投稿日:

HTMLを用いてホームページを作成する手順です。

資料はこちら → HTMLその4

p.1 ①htmlフォルダの下に今回作成するサイト専用のフォルダを作成し、 その中に「image」のフォルダを作成します。予め、②画像データを「image」のフォルダに入れておきます。③エディタのBracketsで以下の「template.html」を作成し保存します。Bracketsの右上の⚡マークをクリックして実行すると画像が表示されます。 今回作成しようとしているページのイメージ図が右図です。

p.2 画像の下にナビゲーションリスト作成を表示させるコードがの中です。ナビゲーションリストの下に、HOMEに戻る部分をコード化します。

p.3 見出し<h1></h1>の間に文字を挟むことで表示できます。1から6になるほどフォントサイズが小さくなります。

p.4 クリックするとページ上方に飛ぶコードです。HeaderにIDとして"top“標識として入れておきます。

p.5 フッターにもナビゲーションリストを表示させます。最下欄に「Copyright」を印字させて、テンプレートができました。

p.6 ⚡マークをクリック→して実行するとテンプレートが表示されます。このテンプレートをベースにして、他のページを作成していきます。

いかがでしたか、配置等を気にしなければ、簡単にWebページが作成できました。

-トピックス, プログラム、シミュレーション

Copyright© 進化するガラクタ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.