お薦めの本 アウトドア サバイバル トピックス

いざという時の知恵

投稿日:

以前のブログ「身近な物で防災を」で紹介した「自衛隊防災BOOk」(著者:自衛隊、防衛省 発行所:マガジンハウス)が書店に置いてありましたので、購入してきました。派手な虎テープ(安全テープ)の装丁で目立ちます。いろいろ役立つことが多いので、読んでみてください。私の新たな知識としては、①戸外の湧き水で飲めるかどうかは「周囲に苔が生えているかどうか」をチェックすればよい。②以前、内陸から海へ風が吹いてきてカヌーを岸に近づけることが大変なことがありました。離岸流とその反対の流れがあるので、潮流を見極めて体力消耗しないことが必要と書いてありました。③山で道に迷った時は、高い方へ上った方が救助のチャンスが増える。④缶切りが無い場合の缶詰は、アスファルトでふちの接合部分を削る。⑤ストップウォッチがない場合の秒数は、「100,101,102・・」のように百を前につけて数える。⑥アルミホイルをハサミで切ると、切れ味が回復する。でした。日頃から、リスク分析をして使えそうな知恵を仕入れておくといざという時に役に立つでしょう。

なお、現時点の自衛隊のホームページには冬の季節の知恵が動画で説明されています。

例えば、カマクラの作り方です → https://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/lifehack/

子供の頃よくカマクラを作りました。今年は、雪不足でスキー場も大変のようです。

-お薦めの本, アウトドア, サバイバル, トピックス

Copyright© 進化するガラクタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.