お薦めの本 トピックス 健康・医学

アフリカにいるゾウは虫歯にならない?

投稿日:

歯医者さんが書いた 歯は治療するな」(著者:武田 貢 発行所:廣済堂出版)を紹介いたします。 私は、子供の頃治療した詰め物が数年前にとれてしまい、歯医者に行くのが嫌でそのままにしています。 歯医者に行くと直ぐ抜かれてしまいそうなので。 上述の本を読むと、抜いたり削ったりすると顎の骨が細くなり良くないようです。 そうならないようにするためには、①歯周病にならないようにする、②糖分を取り過ぎないことが予防として重要だそうです。 その方法がいろいろ解説されています。 この歯周病は、肥満、動脈硬化、高血圧、インフルエンザ、糖尿病、認知症、がん等など万病の素になるので、予防が必要です。 ストレスが歯周病や虫歯の原因になるようです。ストレスで唾液が減り酸性中和再石灰化をしてくれなくなるからだそうです。

虫歯には、砂糖の取り過ぎが大きな要因になります。アイスクリームには84g(角砂糖21個分)、清涼飲料水36g(角砂糖10個分)、缶コーヒー(角砂糖5個分)も入っています。 泣き止むのでお菓子をちょこちょこ与えていると癇癪持ちの子供になるようですので、ご注意ください。血糖値の乱降下で子供は機嫌が悪くなります。 アフリカにいるゾウやシマウマは虫歯にならないのに動物園のゾウやシマウマは虫歯になるのは、動物園のお客さんがお菓子を与えるのが原因だそうです。 夜寝る前に、キシリトール入りガムを噛むと虫歯予防になるそうです。虫歯菌はキシリトールを分解できず、下痢状態になって虫歯菌の活動を弱める効果があり、唾液も分泌されるので、歯の再石灰化も促し、歯を守ってくれます。

この他にも、歯をケアするための情報が満載です。自分の歯で食べることは長生きの必須条件です。

-お薦めの本, トピックス, 健康・医学

Copyright© 進化するガラクタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.