アウトドア サバイバル トピックス ボーイスカウト 遊び

道に迷ったら、知恵を屈指して方角を知ろう

投稿日:

月の満ち欠けで「方位」が分かる方法知っていますか? 道に迷った際に方位を知るにはいくつかの方法があります。 以前ボーイスカウトに出した問題が次の資料です。

資料 → 方位の探し方

p.1に問題があります。 解答はp.2以降です。 であれば、月の満ち欠けで方角を知ることができます。月の満ち欠けは、p.3右下の図を覚えておき、出ている月の形とその時刻から方角がわかります。18時の時は青い半円で、その時の月の形を見れば方角が分かります。 満月の方角が半月であればその方角が三日月であれば南西となります。 夜中の0時は、右下のオレンジの半円90度右に回転させた右上の図で考えます。いつも自分が半円の中心にいます。満月であれば、その方向がです。 半月はどちらが欠けているかを見ます。右が欠けていたら左半分が欠けていたら西の空です。 明け方6時緑色の半円180度回転させて考えてください。満月西の空、半月です。 満月の別名を望月ということを今回初めて知りました。「望月さん」という名前の由来はこれなのですね。

ややこしいのは、上弦下弦の月です。p.4ご覧ください。 沈む時に弦が上の場合、「上弦の月」と言いますので、東の空から上る時は弦は下を向いています。昼間に上るので、ほとんど見ることはできませんが。「下弦の月」は、夜中の0時に東から弦を上にして上りますが、沈むのはお昼ですので、ほとんど見ることはできません。

p.5 「年輪の広い方が南」とずっと思っていましたが、実は間違いのようです。 その木の育つ環境により、自分を支えなければいけない斜面では、斜面側に成長するため年輪の幅が広くなり、必ずしも南にはならないそうです。 また、近くに邪魔者がある場合は、それを回避するように成長するので、この場合も広い方が南にはならないそうです。

p.6 街中では、建物の向き太陽光パネルグランド衛星放送のアンテナを見れば、ほぼを知ることができます。 スマホのGPSアプリを使えば、もっと簡単ですが。

自然の中で方角がわからなくなった時は、とりあえずアナログの時計を持っていれば、太陽や月を利用して方角は掴めそうです。スマホ等に頼らず、知恵を屈指して方角を知りましょう。

 

 

-アウトドア, サバイバル, トピックス, ボーイスカウト, 遊び

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.