トピックス 品質 物理 科学・技術・数学 遊び

自宅でお化け屋敷のネタ

投稿日:

 15年ほど前に子供の友達を招いて、我が家で「お化け屋敷」をしたことがあります。 紐を引っ張ると骸骨が降りてきたり、ブラックライトで照らして赤い蛍光ペンで書いた文字が浮かび上がったり、のこぎりとバイオリンの弓を使って気味が悪い効果音を出したりしました。 

 脱線しますが、たまたまこの時期に「ミュージックソー」の演奏を見に行って、直ぐ購入しました。 練習しましたが、結構音程を出すのが難しいです。こんな音です。 → https://www.youtube.com/watch?v=-6nv0iDrAis 上手な方が演奏するとこんなに綺麗な音ですが、私がやるとちょうどお化け屋敷に向いた音になるのです。

 「お化け屋敷」のメインは「首が浮かぶ」というものです。 次の説明資料をご覧ください。 → 偏光板 

偏光板シート」はある方向の光しか透過しませんので、直角の方向に重ねた場合は、黒く見えます。 これを利用してピンポン玉が黒い壁を通過して出て来るというおもちゃを作成してみましょう。p.1をご覧ください。 ピンポン玉が入るぐらいの透明なパイプをDIYセンター等で手に入れてください。 このパイプに2枚の偏向板シートを丸めていれます。偏光板シートの合わさった所に黒い壁ができるように向きを見て入れてください。これで完成です。あとはピンポン玉を通してみてください。 透明なパイプが手に入らない場合は、セロテープで繋ぎ合わせても作製できます。

 p.2 上の原理を「お化け屋敷」に応用してみました。ダンボールの枠に偏光板シートを貼ります。厚紙でメガネの枠を作り偏光板を貼ります。 準備はこれだけです。偏光板シートの向こう側に浮かぶ首になる演者に立ってもらいます。 最初は明るいところで、お化け屋敷の入場者に見てもらった後、照明を落として偏光板シートのメガネを掛けてもらいます。その状態が右図です。演者は、この時、笑いながら手招きをします。 首が暗闇の中浮かんで見えます

 p.3偏光板の原理を記載しました。下の図を見てください。 少し真面目な話をします。 透明なシートの上に透明なゴミが静電気で付着していたとします。どうやって見つけますか?という問題です。 品質管理の方は、既に利用していると思います。

 p.4 上の解答です。①紙コップの底に丸い穴を開けたものを2つ用意して、偏光板シートを貼り付けます。②この間に、透明なシートにセロハンテープを貼ったサンプルを入れます。③上あるいは下の紙コップを回しながら、紙コップの口から覗いてみてください。反対側を蛍光灯に向けた方が解り易いと思います。 セロハンテープがあるところが虹色になると思います。 セロハンテープをいろいろな方向に積み重ねて貼ったものを見ると万華鏡のように綺麗です。 試してみてください。 なお、偏光板シートはWeb検索すると大きなシートでも手に入ります。

-トピックス, 品質, 物理, 科学・技術・数学, 遊び

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.