Excel トピックス 仕事の進め方

取得したり作成したり

投稿日:

Excelファイルの作成読み取りpythonを用いて実行するコードについて説明します。

資料はこちら →  Python & Excelその2

p.1 ①Visual Studio Codeに以下のコードを書き込みます。②PwerShellあるいはターミナルでプログラム名「create_WBWS.py」で実行した結果が3つのExcelファイルです。タイトル付きワークシートを作るには、「Workbook .create_sheetメソッド」を用います。「f-strings」は、 文字列内に変数を埋め込むメソッドです。

p.2  予めファイル作成し「books」フォルダに保存しておきます。「ws_new」「wb_new」は、新しいExcelのファイルのワークシートとブックの変数です。['セル名']は、文字列を書き込む場所を指定しています。path.glob(条件)は、条件に合うファイルをすべて取得します。Enumerateは取得したブックの数をカウントしてforの「i」に代入します。ブック及びをシートを読み取ります。読み取りだけの場合「True」とします。読み取ったシートのC2及びC3セルの値を新しいシートの指定場所に書き込み、「一覧表.xlsx」で保存します。左端の2つのExcelファイルを読み込み、下の実行結果のファイルが作成され、フォルダ内に保存されています。

p.3 私のパソコンはMacなので、上述のコードでは実行できませんでした。左のように書き換えて実行できました。「pathlib」の取り扱い方がOSによって異なるようで、実行できずに2~3時間ほど時間を費やしてしまいました。pathに関しては、いろいろなコードが存在するようです。また、整理して報告します。

本日の相田みつを語録は、「けれどけれどでなんにもしない」です。

-Excel, トピックス, 仕事の進め方

Copyright© 進化するガラクタ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.