お薦めの本 トピックス 仕事の進め方 信条

あるある

投稿日:

私の本棚は、日頃読まない本が後ろに隠れていますが、時折、陽の目にあたることがあります。先日「デタラメ」を紹介しましたが、その本の中にも登場してきた「マーフィーの法則」(著者:アーサー・ブロック 発行所:アスキー出版局)が目にとまりました。30年弱昔に購入した本です。当時、パラパラとめくっただけでお蔵入りした本です。改めて、「あるある」と思いながら読んでみました。 いろいろの方の知性が集まっていますので、仕事・生活の改善の足しにしたいものです。 思い当たるものを、いくつかピックアップしてみました。 当然と言えば、当然のこともありますが、なぜか「あるある」と思ってしまいます。

こんな動画もありました → https://www.youtube.com/watch?v=BLKNaMD19uc

  • 失敗する可能性のあるものは、失敗する。  If anything can go wrong, it will.
  • 自然はいつも隠れた欠陥に味方する。 自然は、人間が嫌いである。
  • 機器の組立が完了しないと、作業台に残っている取付部品に気づかない。
  • 大幅な設計変更は、常に完成間近に要求される。
  • 前の引っ越しでなくしたものは、次の引っ越しのときに見つかる。
  • 探していない物は、必ず見つかる。
  • 何かが綺麗になるには、何かが汚くならなければならない。
  • 車を洗うと雨が降る。車を洗って、雨を降らせることはできない。
  • 問題解決は、解決できる人を見つけることである。
  • 情報は組織の上部に行くに従って劣化する。
  • 仕事は既に仕事を抱えている者に分配される。
  • 委員会とは、1人分の仕事をしている12人のことである。(ジョン・F・ケネディ)
  • 品質は、開発に残された時間に反比例する。
  • 急ぎの仕事は、全て締切日が同じになる。
  • 作業場で道具を落とすと、もっともやっかいな場所に転がり込む。
  • レンチやドリルは、必要なときに道具箱にない。
  • 全ての偉大な発見は、間違いをきっかけとしている。
  • もっとも興味深い結果は、一度しか得られない。
  • メモリーに記憶させる場合には、記憶場所を自分で覚えておかなければならない。
  • 自分が大切にしている本に限って、人に貸すと戻ってこない。
  • ほかの列の方が早く進む。
  • 地球全体の知識は一定である。だが、世界の人口は増加しつづけている。
  • 山は、近づけば近づくほど険しくなる。 山は、実際より近くに見える。 山道は、下りや平坦な道より、上りが多い。
  • 他の車を前に入れさせた場合、自分の目の前で遮断機が下りて、のろのろと進む長い電車の通過待ちとなる。
  • やりたかったことをはじめると、別のことがやりたくなる。

-お薦めの本, トピックス, 仕事の進め方, 信条

Copyright© 進化するガラクタ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.