お薦めの本 トピックス

トナカイは何匹?

投稿日:

クリスマスが近いので「サンタクロース少年の冒険」(著者:ライマン・フランク・ボーム 発行所:新潮文庫)を紹介します。ボームは「オズの魔法使い」の作者です。 赤ん坊のクロース妖精ニシルに育てられます。この「クロース」は、「小さい子」という意味で、ニシルのクロースということで愛称「二クロース(Neclause)」と呼ばれていました。「サンタクロース」「St. Nicholas」と呼ばれるようになったのは、この本を読むとわかります。なぜか? 予想してみてください。 なぜ靴下にプレゼントを入れるようになったか? 先日の「チコちゃんに叱られる」では、金貨を入れ易くするためという説を言っていましたが、この本では違います。 イブの1日だけで全世界にプレゼントを届けられる方法は? 煙突がない家にどうやってプレゼントを届けるか? サンタクロースは一人しかいない? ソリを牽引している動物は? 何匹? サンタさんの仕事は? など、この本を読むととわかります。 この本は、ファンタジー現実社会の問題を融合させた面白いストーリー立てだと思います。 指輪物語ホビットの冒険に出てくる登場者も出て来ます。 「〇〇のマント」が最後の方に現れます。 さて、どういう話の展開になるのでしょうか?  時には、こんな本も読んでみたらいかがでしょうか?

-お薦めの本, トピックス

Copyright© 進化するガラクタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.