トピックス 物理 科学・技術・数学 錯視、錯覚

連続した動きを止める

投稿日:

先日、アニメーション画像を繋げることを実践してきました。 今回はです。連続したものを分解します。 これも15年以上も前でしょうか。 次の資料のような自作ストロボを作成して、連続している動きのストップモーションを見て子供と遊んでいました。 購入すれば、何でも手に入る時代ですが、ちょっとしたパーツで簡単に作製でき、原理も勉強できる方が得した気になりませんか?

資料はこちら → モーション撮影

p.1 ストロボは模型用のモーター白色LED電池スイッチリード線電池ボックス可変抵抗スリット(隙間)のある円盤(厚めのボール紙あるいは薄い板)で構成します。可変抵抗がない場合は、スリット幅を変えたものを何種類か用意して試してみてください。暗い場所で水道の蛇口を開けて、水を細く流してください。 LEDを点灯及びモーターを回し可変抵抗で回転速度を変えます。水道水の玉が止まって見える場所で可変抵抗を固定してください。 可変抵抗がない場合は、スリット幅をいろいろ変えてみてください。

p.2 動いている人に上述と同様にしてストロボ光を当てると、動作をストップモーションで見ることができます

p.3 回転体の回転数を測定するために、回転するものに線などの目印を付けておきます。 上述と同様にストロボ光を当てて、回転体の目印が止まって見える時モーターの回転数の整数倍が回転体の回転数となります。

いかがですか? 高価な道具がなくても、ストップモーションを捉えることができますね。 原理原則を知れば、応用ができます。

-トピックス, 物理, 科学・技術・数学, 錯視、錯覚

Copyright© 進化するガラクタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.