トピックス 工作 物理 科学・技術・数学 芸術 遊び

音を見る

投稿日:

昨日というよりは、本日の零時ごろ投稿したブログでは「超弦理論」という訳の分からない話をして、「閉じたヒモ」や「オープンなヒモ」が登場しました。これらのヒモは振動していると思います。量子レベルでは、この振動を目に見ることができませんが、音の振動であれば目で見ることができます。 音は目で見るものでなく、聞くものだと思われるかもしれませんが、形にして見ることができます。 オシロスコープで波形を見たり、FFTアナライザーで周波数を解析することも可能ですが、もっと簡単にできます。

先ずは、見てください。家にあるもので簡単に作れます。 → https://www.youtube.com/watch?v=CBBzSs8OJd4

サランラップとボウルでも作れます。 → https://www.youtube.com/watch?v=1Gyl54fU9i8

子供と一緒に実験してみると喜びますよ、きっと。 騒がしくなって、近所から怒られるかもしれませんが。

アートの世界では → https://www.youtube.com/watch?v=Oz53w_k_j_A

鉄板スーパーボールのようなゴムで擦って、振動させているようです。

SONYスマホを使って、こんなパフォーマンスをしています。 → https://www.youtube.com/watch?v=C_VC_bbdaOE

スピーカーの上に砂を載せて、音の周波数を変えるといろいろな形に変わります。 → https://www.youtube.com/watch?v=1yaqUI4b974

水を振動させるこんな模様が描けます。440Hzは時報の「ラ」の音です。 → https://www.youtube.com/watch?v=yGGTmF6xjKI

専門的に知りたい方は「クラドニ図形」で検索すると例えば、こんな資料があります → http://nalab.mind.meiji.ac.jp/koudai2015/koudai2015.pdf

世の中には振動するもので溢れています。 振動するにはエネルギーが必要です。 このエネルギーはどこからくるのでしょうか?

 

 

-トピックス, 工作, 物理, 科学・技術・数学, 芸術, 遊び

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.