トピックス 工作 物理 科学・技術・数学 遊び

永久機関のように見える

更新日:

 不可能物体に興味を覚えるのは、私が若かった頃、エッシャーの画集を見た影響が大きいと思います。水路の水がのように落ちて、その水がその上流に流れていく絵です。→ https://matome.naver.jp/odai/2144815316722094501 

これを動画で実験しています。→ https://www.youtube.com/watch?v=0v2xnl6LwJE トリックがあるはずですが、不思議ですね。 これができたら永久機関になってしまいますが、物理学上、永久機関は存在しないのです。 「セルフ・フローイング・フラスコ」という永久機関を考えた人がいます。次の動画の38秒ぐらいからご覧ください。下の水がチューブを登って滝のように落下しています。永遠に続くように見えますが、これもトリックがあるはずです。 → https://www.youtube.com/watch?v=287qd4uI7-E 

ヘロンの噴水」というものがあります。これは実際、しばらくは噴水が出ます。動画は→ https://www.youtube.com/watch?v=McuPU0hvFt8

ヘロンの噴水」の簡単な作り方は → https://www.youtube.com/watch?v=7sE9x60q3Io  

 「ヘロンの噴水」の原理は → ヘロンの噴水 

 月は地球の周りを、地球は太陽の周りを回っていますが、落ちてきません。これは永久機関なのか?  物理学者が言うには、実際は月は落ち続けているそうです。ただ速く回っているのと、地球が丸いので、地面には落ちてこないそうです。結果的には同じなのですが、私には、遠心力=重力の説明の方が納得感があります。

-トピックス, 工作, 物理, 科学・技術・数学, 遊び

Copyright© 進化するガラクタ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.