「お薦めの本」 一覧

小説に出て来る隠れた観光スポット

 小説を読んでいると行ってみたくなる場所がありますね。以前にダンブラウンの「天使と悪魔」の話をしましたが、ここにも隠れた名所が出てきます。サン・ピエトロ広場には方位盤があって、天使のような”西風の神” ...

脳トレは江戸時代にもあった?

 昨日に引き続き、「頭の体操」です。 「とんち絵」と呼ばれるものです。15年ほど前に図書館から借りた本に掲載されていたものです(出典を控えることを忘れました)。これを用いてカードを作り、スカウトたちに ...

いいアイデアが浮かぶためには頭の準備体操を!

 「浮かぶ」という話で繋げましたが、浮遊感は気持ちが良いものですね。地に足が付かないと嫌だという人もいますが。 世の中に新しいものを産み出す技術者になることを夢見ていた若かった頃、私自身、石頭でなかな ...

反物質を平和利用できないか?

 ラングドンシリーズの第1作目に「天使と悪魔」(著者:ダン・ブラウン 発行:角川文庫)があります。「ダヴィンチコード」が売れて、それ以前に書かれていたこの本も脚光を浴びました。 欧州原子核研究機構セレ ...

引き出しが多ければ、いざという時に力発揮!!

 J.ベルヌの小説「神秘の島」(J.ベルヌ 発行:福音館書店)を読んだことはありますか? 技師のサイラスを含めた乗員5名と犬1匹を載せたゴンドラが嵐に遭い、無人島に不時着します。墜落を回避するために、 ...

Copyright© 進化するガラクタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.