トピックス 生物

応用可能か?

投稿日:

昨日のアクアポリン水フィルターとして開発されています。タンパク質を大面積に生成させ、どのように再生するかなど課題は多いと思われますが、プロトタイプの家庭用浄水器の実証実験が行われているようです。 フィルターを開発しているメーカーのWebサイトです。

フィルターメーカーはこちら→ https://aquaporin.com/inside/

大量に安定した膜形成技術が確立する課題があるようですが、アクアポリンを含有する脂質類似性物質の小胞体多孔質シートに担持することで、実用化が可能になってきているようです。大面積の膜形成技術耐久性がクリヤーされれば、海水の真水化、浄化装置、医療応用など応用が期待されます。福島原発の汚染水も処理可能かもしれません。

-トピックス, 生物

Copyright© 進化するガラクタ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.