Excel トピックス 仕事の進め方

前処理が必要

投稿日:

昨日最後に説明したピボットテーブルには3つの機能があります。ピボットテーブルは、過去「日々のデータは宝の山」「処理する前には整理する」でも少し取り上げました。

資料をご覧ください → データ分析3

p.1 「ダイシング」はサイコロ(ダイス)を転がすように視点を変える作業です。行と列に入れる項目を変えると表が変わります。用途に応じて、組み合わせを変えて直ぐに表に反映できるピボットテーブルは有用だと思います。

p.2 「ドリルダウン」は文字通り深堀りという意味です。最初、列に商品カテゴリが入っていて、そこに商品名をドラッグすると、表の商品カテゴリーの下層に商品名が反映されて集計されます。また、カテゴリー毎、店舗毎の集計値も表示されます。

p.3 「スライシング」は、絞り込みという意味です。①ピボットテーブルの「フィルター」に店舗名をドラッグすると表の上に「店頭名 (すべて)▼」という表示が現れます。②▼をクリック、③東京店を選んでOKすると、(すべて)(東京店)となり表の値が東京店のものに変わります。 フィルターに絞り込む語句を入れることにスライシングができます。

今回は、ピボットテーブルに関する使用方法を説明しました。いろいろなパラメータがある場合、表にまとめ直すのは大変なので、ピボットテーブルは有用です。この機能を働かせるためには、セルの結合は確かに不具合があります。データの前準備が必要です。

今回用いたExcelファイル → 売上(ピボットテーブル)

-Excel, トピックス, 仕事の進め方

Copyright© 進化するガラクタ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.