トピックス 脳科学

アピールは左側

投稿日:

昨日、顔認証の話をしましたが、「擬似的空間無視」という心理学用語があります。ヒトは相手の顔のどちらに強く反応するでしょうか? 先日のブログ「本当の自分は?」で脳科学者の池谷裕二教授執筆の「こころの盲点」という本を紹介しました。この本に関するWebsiteを見つけました。

Websiteはこちら → https://news.kodansha.co.jp/20160121_b02

一番目の質問に答えてみてください。どちらの髪型の分け方が好印象でしょうか? という質問を考えてみてください。この質問の下に解答があります。

次のWebsiteをご覧ください → https://azamidental.com/azamidental-prevention-program/related-items/the-eyes-say-more-than-the-mouth/

真中辺りに人の顔のイラストが上下に並んで書かれています。どちらが微笑んでいるように見えますか? ほとんどの方は上の顔が微笑んでいるように見えると思います。これが上述の「擬似的空間無視」と同じ脳の癖です。左視野を右視野よりもよく見ているだからだそうです。左側が笑顔である上のイラストの方が笑っているように見えるのです。相手の気を惹きたい時は、自分の右側(相手から見て左)にアピールポイントを設けると効果があるそうです。 プレゼン資料は左側を意識しましょう。 このWebsiteの上の方に「目が嘘が付けないのは?」という話題があります。脳が考えていることを目が見る方向でわかるそうです。

-トピックス, 脳科学

Copyright© 進化するガラクタ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.