トピックス 統計

シミュレーションも活用しよう

投稿日:

小標本のデータを有効活用するために、シミュレーションを用いる方法を説明します。

資料はこちら → ブートストラップ法2

p.1 60歳未満5名と60歳以上6名に5段階レベルのアンケート調査した結果の表です。この結果を乱数を用いて乱数の大小の順番を付けます。このNo.に対応する元データを振り分けます。

p.2 ①、②60歳未満と60歳以上の平均値の差の絶対値を計算します。③赤枠の領域をアクティブにした後、データwhat-if分析データテーブルとし、列の代入セルに「z1」を入れてOKをクリックすると、赤枠内998回差の絶対値を計算した結果が現れます。 ④差の絶対値が元データの値2.0より大きい回数全体の998回で割った値p値です。 Excelの「what-if分析」を使いこなせれば、事務作業が効率化されそうです。

p.3 10回同様にして平均値差の絶対値およびp値を算出した表とグラフです。p値が0.05より小さいことより、シミュレーションにより、アンケートの解析結果の信頼性があることを示しています。

昨日と同様、小標本の少ないデータであっても、シミュレーションの回数を増やすと解析結果の信頼性が向上しますので、有効活用しましょう。

-トピックス, 統計

Copyright© 進化するガラクタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.