お薦めの本 トピックス 統計

雷、隕石、火事のどれにあう確率が低いか?

投稿日:

図書館に行って新刊本を漁ってきたのですが、なかなか面白い本はなかったですね。今回は、何故か「確率」「統計」「ランキングのカラクリ」のような本が多かったです。本を選定する方が、今回はこのジャンルからというようにしているのでしょうか? 内容は、何れも流し読みできるほどの本で、私にはあまり新鮮であったり、インパクトのあるトピックスは見当たりませんでした。 「ニュートン式超図解 最強に面白い!! 確率」(著者:高森康雄 発行所:㈱ニュートンプレイス)からの話題を紹介します。

以下の確率で一番高いのは低いのはどれでしょうか?

  1. に打たれる
  2. 巨大隕石で死ぬ確率
  3. 火事にあう確率

正解は、1:851万3500分の1、2:3万2400分の1、3:1426分の1ということで、でした。 3はイメージ通りですが、1より2の方が起きやすいのですね。意外な結果になりますが、前提条件が過去の情報を基に計算されているからだと思います。 予測不能なことは確率に反映できないですからね。

次は、じゃんけんグー・チョキ・パーが勝つ確率それぞれいくつでしょうか? 数学的には3分の1ずつでしょうが、実際は違います。 「数学的な確率」と「統計的な確率」があり、この場合はどうなるか? 正解は、少し考えてみてわからなければ、本を読んでみてください。 この他にも、「確率で考えるベストな結婚相手の選び方」「くじ引きの最初と最後で当たる確率は違うか?」など知りたい話題が満載です。難しい統計理論はないので、数時間で読めます。 統計・確率が苦手な方、このような本から入っていくと良いと思います。

-お薦めの本, トピックス, 統計

Copyright© 進化するガラクタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.